#15 レールの無限増殖バグを試してみました(2017/06/12追記)

マインクラフトの世界を探検する上で、何かと必要になるのがレール。鉄はともかく、パワードレールに必要な金を手に入れるのは、けっこう大変です。

そこでバグを利用した無限レール増殖ができるという動画を見つけたので、コレを参考に無限レール自動作成装置を作ってみます。

2017/06/12追記

マインクラフト1.12へのバージョンアップにより、バグが修正されてるか検証してみました。マインクラフトを起動した直後は装置が動いてるにもかかわらず、レールが生産されていません。

しかし一度レバーを止めて、ホッパーつきトロッコを取って設置し直した後、もう一度レバーを入れると、再びレールが生産されるようになります。

不思議なことにマインクラフトを起動した直後は、羊毛が一つ消えています。。トロッコを壊すと下に敷いたレールは消滅するし・・・完全にバグが修正された訳ではないようです。

面倒ですが、起動する度にトロッコを設置し直すしかないみたいですね。

無限レール自動作成装置作成に必要な材料

  • 羊毛×8
  • レバー×1
  • パワードレール×2
  • レール×2
  • スライムブロック×8
  • レッドストーンコンパレーター×1
  • 粘着ピストン×1
  • ホッパーつきトロッコ×3

無限レール自動作成装置の作り方

まず羊毛を下の画像のように8個と、スライムブロックを2個設置します。その上にレバー、隣にレッドストーンコンパレーター、粘着ピストンを置いて、レッドストーンで繋ぎます。

羊毛の色に白と黒があるのは特に意味はありません。

ここで一度、レバーを入れて粘着ピストンが動くか確認します。押し出したまま止まってしまう場合は失敗、押したり引いたりを繰り返してたら成功です。

自分が失敗したときは、レッドストーンコンパレーターのスイッチを入れてなかったのが原因でした。

粘着ピストンの動作を確認したら、粘着ピストンの下のスライムブロックを破壊します。そして下の画像のようにスライムブロックを設置し、両端にパワードレール、真ん中にレールを2つ敷きます。

レールの上にホッパーつきトロッコを3つ置いたら完成です。レバーを入れてしばらく待ってみましょう。

粘着ピストンにスライムが押されて、シェイクされたトロッコからレールが出てきました。
ホッパーの中に入りきらないレールは下に落ちてきます。

レバーを入れている間はこの調子でずっとレールとパワードレールが出てきます。

ちなみにこのレール、けっこう広い範囲に飛び散ります。ここでは海辺に作ってしまったので、放置してたら下の海岸まで落ちてるレールもちらほら・・・。

なるべく平地の広い場所で稼働させることをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク