switch版マイクラ、初めての冒険

今日からswitch版のマイクラを始めることにしました!早速プレイしてみます。

まず「作る」タブから「新しい世界」を選択。必要ならワールド名とシード値を入力します。ここではシード値は入れません。

switch版のマイクラではテクスチャがいくつか選択できます。試用版はセーブができないので、初めから同梱されている「シティーテクスチャパック」を選択しました。

それ以外は全てデフォルトの設定とします。

いざ!

今回スポーンした場所は、サバンナと砂漠の境界線のようです。ぐるっと見渡してみると左前方に村が、右側にカボチャが見えます。小さな池もあり、生活の拠点とするには中々良い場所のようです。

とりあえずその辺の木を切り倒し、目印をつけてから村を訪ねてみます。図書館と井戸があり、畑には小麦・ジャガイモ・ニンジンが植えてあります。ちょっと変わった畑もありました。

空き家を拝借しようか?とも思ったのですが、PC版で村に拠点に置き、あれこれ夢中になってるうちに村人がやられてしまうという失敗をやらかしたので、今回は少し離れたスポーン地点に自宅を作ることにします。

いったん戻り、近くの池をいじって畑を作りつつ、せっせと資源を集めて家作り。テクスチャを変更したため、アカシアの木と丸石という単純な組み合わせなのに、ちょっとオシャレ?な家が出来上がりました。

ちなみにこの「シティーテクスチャ」を適用すると、モンスターはスーツスタイルになり、ニワトリはカルガモになっています。ブタはなぜか牛柄に(笑
ウシやヒツジは元の方が可愛いかもしれません。

操作方法はちょっとクセがあるものの、オートジャンプの設定ができるのでだいぶ移動しやすくなりました。マニュアルが充実してて、子供や初心者にも優しいです。

一番良いと感じたのは、マルチプレイのしやすさでしょうか。PCではあれこれ設定しないといけないし、しょっちゅう接続が切れるので面倒でした。switch版では画面が分割されるので狭いけど、慣れれば問題ありません。

新しいワールドでこれからどういう冒険が繰り広げられるか、ワクワクです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク